現在位置 : トップページ > 国庫 > 関連資料・データ > 国庫の状況報告書 > 平成29年度 第1・四半期

平成29年度第1・四半期国庫の状況報告書(財務省調査)

第1 財政資金対民間収支

平成29年度第1・四半期の財政資金対民間収支は、前年同期(21兆6,965億円の受取超過)に比べ、2兆7,082億円受取超過額が減少して18兆9,883億円の受取超過となった。収入は、前年同期(167兆6,655億円)に比べ、6兆4,732億円減少して161兆1,922億円となった。一方、支出は、前年同期(145兆9,689億円)に比べ、3兆7,650億円減少して142兆2,039億円となった。

以下、主な項目についてみると次のとおりである。

1 一般会計(別表1参照)

△印は支払超過 (単位 億円)

一般会計の収支
区分平成29年度第1・四半期前年同期
収入支出差引き収入支出差引き
租税213,44645,553167,893208,82742,072166,755
税外収入16,033-16,03316,560-16,560
社会保障費-56,448△ 56,448-58,586△ 58,586
地方交付税交付金1,71079,795△ 78,0851,54182,092△ 80,551
防衛関係費-13,288△ 13,288-13,168△ 13,168
公共事業費-16,096△ 16,096-15,248△ 15,248
義務教育費-4,715△ 4,715-4,666△ 4,666
その他支払-33,616△ 33,616-35,250△ 35,250
231,190249,511△ 18,321226,928251,081△ 24,153

期中における一般会計の収支は、上表のとおり、1兆8,321億円の支払超過であって、前年同期(2兆4,153億円の支払超過)に比べ、5,832億円支払超過額が減少した。

その内訳をみると、収入は、租税が前年同期(20兆8,827億円)に比べ、4,619億円増加して21兆3,446億円となったこと等により、前年同期(22兆6,928億円)に比べ、4,262億円増加して23兆1,190億円となった。一方、支出は、地方交付税交付金が前年同期(8兆2,092億円)に比べ、2,297億円減少して7兆9,795億円となったこと等により、前年同期(25兆1,081億円)に比べ、1,569億円減少して24兆9,511億円となった。

2 特別会計等(別表1参照)

△印は支払超過 (単位 億円)

特別会計等の収支
区分平成29年度第1・四半期前年同期
収入支出差引き収入支出差引き
財政投融資21,33035,138△ 13,80830,05132,434△ 2,383
外国為替資金22,27927,674△ 5,39529,73631,698△ 1,961
保険115,744180,688△ 64,944128,078177,364△ 49,287
その他15,89447,658△ 31,7647,55739,807△ 32,250
175,247291,159△ 115,911195,422281,303△ 85,881

期中における特別会計等の収支は、上表のとおり、11兆5,911億円の支払超過であって、前年同期(8兆5,881億円の支払超過)に比べ、3兆30億円支払超過額が増加した。

収入は、前年同期(19兆5,422億円)に比べ、2兆175億円減少して17兆5,247億円となった。一方、支出は、前年同期(28兆1,303億円)に比べ、9,855億円増加して29兆1,159億円となった。

主な項目についてみると次のとおりである。

(1) 財政投融資特別会計(別表2参照)

財政投融資の収支は、1兆3,808億円の支払超過であって、前年同期(2,383億円の支払超過)に比べ、1兆1,425億円支払超過額が増加した。収入は、前年同期(3兆51億円)に比べ、8,721億円減少して2兆1,330億円となった。一方、支出は、前年同期(3兆2,434億円)に比べ、2,704億円増加して3兆5,138億円となった。

(2) 外国為替資金特別会計(別表3参照)

外国為替資金の収支は、5,395億円の支払超過であって、前年同期(1,961億円の支払超過)に比べ、3,434億円支払超過額が増加した。収入は、前年同期(2兆9,736億円)に比べ、7,458億円減少して2兆2,279億円となった。一方、支出は、前年同期(3兆1,698億円)に比べ、4,024億円減少して2兆7,674億円となった。

(3) その他の特別会計等

その他の特別会計等の収支のうち、主な項目についてみると次のとおりである。

保険の収支は、収入11兆5,744億円、支出18兆688億円、差引き6兆4,944億円の支払超過であって、前年同期(4兆9,287億円の支払超過) に比べ、1兆5,658億円支払超過額が増加した。

3 国債等・国庫短期証券等(別表1参照)

△印は支払超過 (単位 億円)

国債等及び国庫短期証券等の発行(借入)・償還状況
区分平成29年度第1・四半期前年同期

発行

(借入)

償還差引き

発行

(借入)

償還差引き
国債等345,282155,255190,026366,864174,872191,992
 国債(1年超)323,692136,737186,954348,312159,425188,887
借入金21,59018,5183,07218,55215,4473,105
国庫短期証券等842,693708,966133,727863,295734,889128,407
 国庫短期証券727,192593,465133,726747,795619,389128,406
一時借入金115,501115,5000115,500115,5000

国債等及び国庫短期証券等の発行(借入)・償還状況は、上表のとおりである。

国債等の収支は、19兆26億円の受取超過であって、前年同期(19兆1,992億円の受取超過)に比べ、1,966億円受取超過額が減少した。国債(1年超)の収支は、発行32兆3,692億円、償還13兆6,737億円、差引き18兆6,954億円の受取超過であった。借入金の収支は、借入2兆1,590億円、償還1兆8,518億円、差引き3,072億円の受取超過であった。

国庫短期証券等の収支は、13兆3,727億円の受取超過であって、前年同期(12兆8,407億円の受取超過)に比べ、5,320億円受取超過額が増加した。国庫短期証券の収支は、発行72兆7,192億円、償還59兆3,465億円、差引き13兆3,726億円の受取超過であった。一時借入金の収支は、借入11兆5,501億円、償還11兆5,500億円、差引き0億円の受取超過であった。

(参考) 実質収支

上で述べた財政資金対民間収支は、各会計等と民間との間における収入支出(窓口収支)のみをとらえたものであるが、各会計等の収支の実態をみるため、これに各会計等相互間の収支(国庫内振替収支)を加えた実質収支を示すと、次のとおりである。

△印は支払超過 (単位 億円)

実質収支
区分

窓口収支

 

(A)

国庫内振替収支

 

(B)

(実質収支)

(A)+(B)

一般会計△ 18,321△ 119,433△ 137,755
特別会計等△ 115,911135,78219,870
財政投融資△ 13,80820,8036,995
外国為替資金△ 5,395△ 22,220△ 27,615
保険△ 64,94470,9596,015
その他△ 31,76466,24034,476
小計△ 134,23216,348△ 117,884
国債等190,026△ 8,674181,353
国債(1年超)186,954△ 7,236179,718
借入金3,072△ 1,4381,634
国庫短期証券等133,727△ 7,674126,052
国庫短期証券133,726-133,726
一時借入金0△ 7,674△ 7,674
合計189,521-189,521
調整項目362-362
総計189,883-189,883

第2 国庫対日銀収支(別表4及び別表6参照)

△印は支払超過 (単位 億円)

国庫対日銀収支
区分

平成29年度

第1・四半期

前年同期
国庫短期証券の発行・償還(△)△ 165,926△ 147,719
特別会計の債券売・買(△)--
財政投融資--
国債整理基金--
その他△ 103,272△ 90,689
△ 269,198△ 238,408

期中における国庫対日銀収支は、上表のとおり、26兆9,198億円の支払超過であって、前年同期(23兆8,408億円の支払超過)に比べ、3兆790億円支払超過額が増加した。

その内容についてみると次のとおりである。

1 国庫短期証券の発行・償還

国庫短期証券の発行・償還による日本銀行との間の資金調達・資金返済状況をみると、資金調達9,540億円、資金返済17兆5,466億円、差引き16兆5,926億円の支払超過であって、前年同期(14兆7,719億円の支払超過)に比べ、1兆8,207億円支払超過額が増加した。

2 特別会計の債券売・買

特別会計と日本銀行との間の債券売買はなかった。なお、前年同期も、特別会計と日本銀行との間の債券売買はなかった。

3 その他

国庫と日本銀行との間の経常収支は、10兆3,272億円の支払超過であって、前年同期(9兆689億円の支払超過)に比べ、1兆2,583億円支払超過額が増加した。

第3 政府預金(別表5及び別表6参照)

財政資金対民間収支(18兆9,883億円の受取超過)から政府預金の増減に関係のない調整項目(362億円の受取超過)を除いた収支は、18兆9,521億円の受取超過であった。また、国庫対日銀収支は、26兆9,198億円の支払超過であった。その結果、政府預金の期末残高は、前期末(21兆7,534億円)に比べ、7兆9,677億円減少して13兆7,857億円となった。

別表(Excel:105KB)