現在位置 : トップページ > 関税制度 > 貿易の秩序維持と発展のための取り組み > 安全・安心な社会の実現 > 麻薬、覚せい剤、けん銃等の取締り > 平成28年の取締り状況

報道発表

平成29年2月23日

財務省

平成28年の全国の税関における関税法違反事件の取締り状況

覚醒剤の押収量が過去最高を記録

財務省は、平成28年の1年間に全国の税関が空港や港湾等において、不正薬物の密輸入その他の関税法違反事件を取り締まった実績をまとめましたのでお知らせします。

1.不正薬物等

不正薬物*1全体の押収量*2は約1,649キログラム(前年比約3.2倍)と大幅に増加し、平成11年の約2,186キログラムに次ぐ“過去2番目”を記録した。一方、摘発件数は892件(前年比53%減)と半減した。

  • *1 覚醒剤、大麻、あへん、麻薬(ヘロイン、コカイン、MDMA等)、向精神薬及び指定薬物をいう

  • *2 錠剤型薬物を除いたもの

〔覚醒剤事犯〕

押収量は約1,501キログラム*3(前年比約3.6倍)と大幅に増加し、“過去最高”を記録

摘発件数についても104件(前年比25%増)と増加

  • *3 薬物乱用者の通常使用量で約5,003万回分、末端価格にして約1,050億5,500万円に相当

  • 密輸手口の大口化
    • 一度の押収量として過去最高となる約600kgの密輸入をはじめ、大口事犯を多数摘発
    • 1件当たりの平均押収量は約14キログラム(前年比約2.8倍)に急増
  • 密輸仕出地の局地化と台湾の台頭
    • 摘発件数上位5か国・地域の構成は前年から変化なし
    • 押収量は上位3か国・地域で全体の9割以上
    • 台湾を仕出地とする密輸入が摘発件数・押収量とも大幅に増加

〔大麻事犯〕

押収量は約9キログラム(前年比75%減)と大幅に減少

摘発件数は118件(前年比3%減)と増加傾向が止まったが、引き続き高水準

〔指定薬物事犯〕

摘発件数は477件(前年比67%減)と大幅に減少したが、引き続き高水準

押収量は約19キログラム(前年比53%減)と半減

2.その他

  • 知的財産侵害事犯として、商標権を侵害するバッグ等の密輸入事犯を7件告発
  • 北朝鮮関連事犯として、食器類等の日用品及びニット生地の不正輸出事犯を告発

【参考資料】

問い合わせ先

財務省関税局調査課 代表03-3581-4111

(内線) 5389