現在位置 : トップページ > 関税制度 > 貿易の秩序維持と発展のための取り組み > 安全・安心な社会の実現 > 麻薬、覚せい剤、けん銃等の取締り > 平成25年の取締り状況

報道発表

平成26年2月18日

財務省

平成25年の全国の税関における関税法違反事件の取締り状況

なか点不正薬物の押収量が9年ぶりに1トンを上回る深刻な状況

なか点航空機旅客による覚醒剤の押収量が過去最高を記録

財務省は、平成25年の1年間に全国の税関が空港や港湾等において、不正薬物の密輸入その他の関税法違反事件を取り締まった実績をまとめましたのでお知らせします。

1.不正薬物

  • 不正薬物*1全体の摘発件数は382件(前年比24%増)、押収量*2は約1,007s*3(前年比61%増)と大幅に増加し、“深刻な状況”
    押収量が1tを上回るのは平成16年以来9年ぶり
    • *1 覚醒剤、大麻、あへん、麻薬(コカイン、ヘロイン、MDMA等)、向精神薬をいう。

    • *2 錠剤型薬物を除いたもの。

    • *3 薬物乱用者の通常使用量で約3,331万回分と使用量では過去2番目

〔覚醒剤事犯〕

  • 摘発件数は154件(前年比9%増)、押収量は約859s(前年比78%増)と“大幅に増加”
    押収量が800sを上回るのは、平成12年以来13年ぶり
    • 密輸入手口の“大口化傾向”が顕著
      • 海上貨物から約200sの大口事犯を2件摘発
      • 押収量5s超の密輸入事犯が26件(前年比53%増)と大幅に増加
    • 航空機旅客による押収量が“過去最高”を記録
      • 押収量が約304sと過去最高であった平成22年の約235sを大幅に更新
      • 押収量の半数以上が土産品等に細工をして隠匿
      • 50代以上の密輸入者が全体の4割以上
    • 密輸仕出地が短期間で“目まぐるしく変化”
      • 近年増加傾向にあったアフリカ、欧州が減少
      • インドを中心としたアジアや中国が急増

〔大麻事犯〕

  • 摘発件数は66件(前年比20%減)、押収量は約13s(前年比90%減)と“大幅に減少”

〔麻薬事犯〕

  • 摘発件数は128件(前年比2.8倍)、押収量は約135s(前年比12.4倍)と“大幅に増加”

2.その他

  • 知的財産侵害事犯として、痩身用マッサージ器や携帯電話用ケースの密輸入事犯を告発
  • 北朝鮮関連事犯として、仕向地を韓国や中国と偽って、北朝鮮向けに中古タイヤや自動車を輸出したものを告発

【参考資料】

問い合わせ先

財務省関税局 調査課 課長補佐 野中

直通03-3581-4158 、代表03-3581-4111(内5389)