現在位置 : トップページ > 関税制度 > 貿易の秩序維持と発展のための取り組み > 国際的な取組み > その他会議等 > 第6回日・EU税関協力合同委員会が開催されました

報道発表

平成26年1月24日

財務省

第6回日・EU税関協力合同委員会が開催されました

1月24日(金)、東京において、第6回日・EU税関協力合同委員会が開催され、財務省関税局とEU(欧州連合)は、両税関当局による協力強化に向けた意見交換を行いました。

同会議では、AEO(Authorized Economic Operator:認定事業者)に係る相互承認の実施・改善、リスク管理の強化、及びWTO貿易円滑化協定の妥結を受けた今後の日EU税関間の協力等について意見交換を行い、共同プレス発表をとりまとめました。
 共同プレス発表の詳細については別紙をご覧ください。


(資料1)共同プレスリリース(英文)[PDF,17kb]

(資料2)共同プレスリリース(仮訳)[PDF,82kb]


(注)AEO(Authorized Economic Operator: 認定事業者)制度とは、セキュリティ管理と法令遵守の体制が整備された貿易関連事業者を税関が認定し、通関を円滑にする制度です。

問い合わせ先

財務省関税局第一参事官室(国際交渉担当) 中尾、星

(代表)03-3581-4111(内線2291、5444)
(直通)03-3581-2852