現在位置 : トップページ > 関税制度 > 貿易の秩序維持と発展のための取り組み > 国際的な取組み > ASEM(アジア欧州会合)

ASEM関税局長・長官会合

1.概要

 アジア欧州会合(ASEM-Asia Europe Meeting)は、アジアと欧州との間のパートナーシップを強化するため、アジアと欧州の首脳が一同に会する会合として、平成8年3月より始まりました。

 関税局長・長官会合は、水際取締りの協力及び税関手続の調和・簡素化に関する協力を強化するため平成8年6月に開始され、以降隔年で開催されています。

 参加国は、アジア側から日中韓とASEAN10か国(注1)、インド、パキスタン、モンゴル、オーストラリア、ニュージーランド、バングラデシュ、ロシア、カザフスタン、ASEAN事務局、欧州側からEU加盟28か国(注2)、スイス、ノルウェー、欧州委員会の計51か国と2機関がASEMへ参加しています。

注1.

ブルネイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマー

注2.

オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシア、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、イギリス、キプロス、チェコ、エストニア、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、マルタ、ポーランド、スロバキア、スロベニア、ブルガリア、ルーマニア、クロアチア

2.関税局・税関での取り組み

 隔年で開催されるASEM関税局長・長官会合では、税関分野のこれまで2年間の活動を総括するとともに、今後2年間の優先活動項目が策定されます。関税局・税関は、同会合及びその下に設置されている税関作業部会に参加、貢献しています。平成27年10月にインド・ゴアで開催された第11回ASEM関税局長・長官会合では、平成26年-平成27年の活動が総括されるとともに、平成28年-平成29年の優先活動項目を含むゴア宣言 が採択されました。平成28年-平成29年の優先活動項目において、我が国は、認定事業者制度(AEO)及び乗客予約記録(PNR)に関する取組のアジア側コーディネーターを務めるなど、積極的に貢献していくこととしています。


    3.関連リンク