現在位置 : トップページ > 関税制度 > 貿易の秩序維持と発展のための取り組み > 貿易円滑化 > 第10回輸入手続の所要時間調査

報道発表

平成24年9月21日

財務省

第10回 輸入手続の所要時間調査

通関所要時間 海上貨物 2.6時間、航空貨物 0.3時間に短縮


財務省は、本年3月に実施した「第10回輸入手続の所要時間調査」の結果をまとめましたのでお知らせします。


  • 通関所要時間(税関への輸入申告から輸入許可までの所要時間)の平均は、一般の海上貨物で2.6時間と前回調査(平成21年)に比べて0.5時間短縮しました。一般の航空貨物についても、0.3時間と前回調査(平成21年)に比べて0.1時間短縮しました。
  • 輸入手続の所要時間(船舶・航空機の入港から輸入許可までの所要時間)の平均についても、海上貨物で60.7時間(前回調査は62.4時間)、航空貨物で13.4時間(前回調査は16.0時間)と海上貨物・航空貨物ともに短縮しました。
  • 輸入者のAEO制度を利用した特例申告貨物の通関所要時間については、海上貨物で0.1時間、航空貨物で0.0時間と一般の海上貨物(2.6時間)・航空貨物(0.3時間)に比べ大幅に短くなっています。

(注)一般の海上貨物、航空貨物とは、AEO制度を利用した貨物以外の貨物をいう。なお、AEO(AuthorizedEconomic Operator:認定事業者)制度とは、貨物のセキュリティ管理と法令遵守の体制が整備された貿易関連業者を税関が認定し、迅速で簡素な通関手続を提供する制度


別添1:集計結果(海上貨物)PDF[PDF:26kb]

別添2:集計結果(航空貨物)PDF[PDF:30kb]

別添3:調査の概要PDF[PDF:12kb]

 

問い合わせ先

財務省関税局業務課 課長補佐 福田
 (代表)03-3581-4111(内線 2526)
 (直通)03-3581-3041