現在位置 : トップページ > 予算・決算 > 予算トピックス > 特別会計

特別会計

  •  特別会計は、財政法(昭和22年法律第34号)第13条第2項において、国が

      1 特定の事業を行なう場合

      2 特定の資金を保有してその運用を行う場合

      3 その他特定の歳入を以て特定の歳出に充て一般の歳入歳出と区分して経理する必要がある場合

    に限り、法律を以て設置することが認められています。

  •  特別会計を設けることで、事業・資金ごとの運用状況や受益と負担の関係がより明確になると考えられ、平成26年度においては、経過的なものも含めて15の特別会計が設置されています。

  •  特別会計の詳細については、以下の特別会計ガイドブックに記載がありますので、そちらをご参照ください。

  • 特別会計ガイドブック(平成25年版)
  • 特別会計の歳出予算額(平成26年度)
  • 各省庁において公表されている特別会計に関する情報開示へのリンク  

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方、正しく表示されない方は最新版をダウンロードしてからご覧下さい。