財務局トップ > 地域連携事例集 > 平成27年度地域連携事例集

平成27年度地域連携事例集

財務局は、財務省・金融庁の地方の窓口として、地域の皆様と財務省・金融庁をつなげる地域のネットワークの結節点(ハブ)としての役割を果たすことを目指して活動して参りました。

平成24年度からは、地方公共団体や金融機関、商工団体等とのネットワークの深化・拡大に加え、財務局をハブとする恒常的・互恵的な意見交換の場(地域連携プラットフォーム)の形成・構築に取り組んでいます。

また、マスメディアや教育機関、NPO、地域の皆様との連携強化など、そのハブ機能を拡充・強化し、地域連携・地域貢献を更に進めるとともに、27年度からは、これまで行ってきた地域連携等の取組も活用しつつ、各地域における地方創生に向けた取組への支援・貢献も行っています。

財務局は、地域の皆様との信頼関係を築きつつ、その使命である財務省・金融庁の施策を地域に「広報」するとともに、地域の意見・要望や実情を的確かつ迅速に本省庁に「伝達」し、効果的な施策の形成に寄与していくこととしております。

また、財務局では、地域にとって真に必要な取組は何か、地域にどのように役に立つことができるかなど、地域の課題を把握するとともに、地域の特性を踏まえた施策を「実施」し、「地域に貢献」するよう、心懸けています。

今後とも、皆様のご協力をお願い申し上げます。

「全国財務局の地域連携事例集(平成27年度)」の全体版(PDF:21,707KB)PDF

なお、各財務(支)局及び沖縄総合事務局財務部のそれぞれの取組は、
・各財務局名又は地図部分(当該財務局の取組すべてをご覧いただく場合)
・各財務局名の下に掲げられている区分(プラットフォーム等)(個別の事例をご覧いただく場合)

からご覧いただくことができます。

全国財務局地域連携事例・地図目次
北海道財務局 北海道財務局 創生支援(管内) 創生支援・プラットフォーム(札幌・函館) 国有(旭川) 金融(小樽) 広報(札幌) 広報(管内) 東北財務局 東北財務局 創生支援・プラットフォーム(管内) 創生支援・プラットフォーム(管内) 創生支援・プラットフォーム(盛岡) プラットフォーム(仙台) 国有(仙台) 国有(仙台・青森) 金融(管内) 広報(福島) 広報(福島) 災害(仙台・福島ほか) 災害(仙台・盛岡・福島) 関東財務局 関東財務局 創生支援(管内) 創生支援・プラットフォーム(さいたま・宇都宮・新潟) 創生支援・プラットフォーム(さいたま) 創生支援・プラットフォーム(さいたま) 創生支援・プラットフォーム(管内) 創生支援・プラットフォーム(東京) 創生支援・プラットフォーム(千葉) 創生支援・プラットフォーム(甲府) 国有(さいたま・東京・横浜・千葉) 金融(長野) 広報(管内) 災害(水戸・筑波) 災害(水戸) 北陸財務局 北陸財務局 創生支援・プラットフォーム(金沢) 創生支援・国有(金沢) 創生支援・国有(金沢) 若手(金沢) 東海財務局 東海財務局 創生支援(管内) 創生支援・財政(管内) 創生支援・国有(岐阜) 創生支援・金融(名古屋) 財政(名古屋・津) 国有(名古屋) 金融(名古屋) 金融(管内) 広報(名古屋・津) トピック(岐阜) その他(名古屋・津) その他(名古屋) 近畿財務局 近畿財務局 創生支援(大阪) 創生支援(大阪) 創生支援(大阪) 創生支援(京都・舞鶴) 創生支援(神戸) 創生支援(奈良) 創生支援・金融(奈良) 創生支援・金融(大津) 国有(管内) 国有(神戸) 広報(大阪) 広報(管内) 災害(和歌山) 中国財務局 中国財務局 創生支援・プラットフォーム(広島) 創生支援・広報(岡山) 広報(広島) 若手(鳥取) 若手(松江) トピック(松江) トピック(岡山) トピック(倉敷) トピック(広島) トピック(山口) 四国財務局 四国財務局 創生支援・プラットフォーム(管内) 創生支援・若手(管内) 創生支援(高知) 金融(松山) 広報(管内) 災害(高知) トピック(徳島) 九州財務局 九州財務局 九州財務局 創生支援(管内) 創生支援・広報(熊本) 国有(管内) 金融(管内) 広報(管内) 災害(宮崎) トピック(鹿児島) 福岡財務支局 福岡財務支局 創生支援(管内) 創生支援・国有(福岡・小倉) 創生支援・国有(佐賀) 創生支援・金融(長崎) プラットフォーム(福岡) 広報(福岡) 広報(管内) 沖縄総合事務局財務部 沖縄総合事務局財務部 沖縄総合事務局財務部 沖縄総合事務局財務部 国有(宮古) 災害(八重山)

地方経済トピック(平成28年度作成)

平成27年度全国財務局地域連携事例作成以降に財務局等において収集した地域活性化に向けた取組及び各取組への財務局の関わりを「地方経済トピック」として、随時紹介していきます。