現在位置 : トップページ > 財務省について > 審議会・研究会等 > 財政制度等審議会 > 財政制度等審議会たばこ事業等分科会 > 議事要旨等 > 議事録 > たばこ事業等分科会(平成24年3月26日開催)議事録

たばこ事業等分科会(平成24年3月26日開催)議事録

財政制度等審議会
たばこ事業等分科会(第25回)
議 事 録

平成24年3月26日
財政制度等審議会

 


< 事務局より分科会長に対し開催の必要性について説明を行い、緊急開催につき持ち回りにて説明することをご了解頂いた上、事務局よりたばこ事業等分科会に所属する委員に対して、配布資料をもって次のような説明を行った。>

 

(持ち回り開催の出席者)

桐野高明分科会長

荒谷裕子委員、江川雅子委員、川村雄介委員、細野助博委員、村上政博委員

角紀代恵臨時委員、熊沢孝臨時委員、矢崎義雄臨時委員

牛窪恵専門委員、宮島香澄専門委員 


(事務局)  

京都議定書目標達成計画に基づき政府は「自主行動計画の透明性・信頼性・目標達成の蓋然性が向上するよう、自主行動計画の評価・検証制度として、関係審議会等による定期的なフォローアップの実行を進める」こととされており、毎年度当分科会におきましても、たばこ製造業についての自主行動計画の進捗状況を報告し、評価・検証をしていただいているところです。

本年度におきましても、日本たばこ産業株式会社において2010年度までの進捗状況について、資料2「たばこ製造業における地球温暖化対策への取り組み」のとおりまとめているところ、二酸化炭素排出量は1995年度比で49.4%の削減となっており、目標としている「2012年度に1995年度比で50%の削減」に向けて着実に進んでいる状況となっています。

本件についてご意見等はございますか。 

 

 

(桐野分科会長)

 原発事故後の外的な変動要因もあるだろうが、様々な環境の変化があるとしても2012年の目標達成に向けてさらに努力していただきたいと思います。

(荒谷委員)

 特段の意見はありません。

(江川委員)

 特段の意見はありません。

(川村委員)

 特段の意見はありません。

(細野委員)

 JTの地球温暖化対策に係る自主行動計画の取り組み状況は十分に満足できるものと思料致します。他は特にありません。

(村上委員)

 目標値、実績値から判断して、現時点で現在の取り組み状況で問題はないと考えます。

(角臨時委員)

 特段の意見はありません。

(熊沢臨時委員)

 適切な状況と考えます。

(矢崎臨時委員)

 順調にCO2削減の目標を達成していますので、特段の意見はありません。

(牛窪専門委員)

 特段の意見はありません。

(宮島専門委員)

 特段の意見はありません。

(以 上)

 

財務省の政策
予算・決算
税制
関税制度
国債
財政投融資

国庫

通貨

国有財産

たばこ塩


国際政策
政策金融・金融危機管理
財務総合政策研究所