現在位置 : トップページ > 財務省について > 審議会・研究会等 > 財政制度等審議会 > 財政制度等審議会たばこ事業等分科会 > 議事要旨等 > 議事要旨 > たばこ事業等分科会(平成26年5月30日開催)議事要旨

たばこ事業等分科会(平成26年5月30日開催)議事要旨

財政制度等審議会 第27回たばこ事業等分科会

1.日時 平成26年5月30日(金)10:00〜11:42

2.場所 財務省第3特別会議室(本庁舎4階)

3.出席者(敬称略)

[委員]
荒谷裕子、江川雅子、川村雄介、桐野高明、細野助博、村上政博
[臨時委員]
安藤光義、角紀代恵、矢ア義雄
[専門委員]
宮島香澄
[参考人]
日本たばこ産業株式会社 山田 執行役員総務責任者
日本たばこ産業株式会社 近藤 CSR推進部長
[財務省]
古川副大臣ほか

4.議題

  • (1)たばこ製造業の地球温暖化対策に係る自主行動計画について
  • (2)たばこ・塩を巡る最近の諸情勢
  • (3)製造たばこ小売販売業に係る許可基準の特例の見直しについて

5.議事経過

  • (1) 議題(1)について
        「たばこ製造業の地球温暖化対策に係る自主行動計画」について、事務局及び日本たばこ産業株
      式会社より、それぞれ説明が行われた。
  • (2) 議題(2)について
        「たばこ・塩を巡る最近の諸情勢」として、無煙たばこ、電子たばこの動向等について、事務局より
      説明が行われた。
  • (3) 議題(3)について
        「製造たばこ小売販売業に係る許可基準の特例の見直し」について、事務局より説明が行われた。
  • (4) 委員からの主な質問・意見は以下のとおり。
  •    ・たばこ製造業の地球温暖化対策は他の企業と比べてどう自己評価できるか。
  •    ・無煙たばこのなかに、健康への影響について誤解を招くような名称のものがあることを懸念する。
  •    ・煙が出ないからということで禁煙希望者が喫煙を再開するようなことが起こらないか懸念する。
  •    ・米国での電子たばこの売り上げが急速に伸びている背景について調べるべき。
  •    ・たばこは小売店の市場競争を促進して低価格で大量に売ればいいという物品ではなく、今回の特
        例の見直しの内容については妥当なものと考える。

                                                                          

                                                                  (以上)

  (注)本議事要旨は、今後字句等の修正があり得ることを念のため申し添えます。

問い合わせ先

財務省理財局総務課たばこ塩事業室総括係
電話 代表 03(3581)4111 内線2258

財務省の政策