現在位置 : トップページ > 財務省について > 審議会・研究会等 > 財政制度等審議会 > 財政制度等審議会たばこ事業等分科会 > 議事要旨等 > 議事要旨 > たばこ事業等分科会(平成28年2月1日開催)議事要旨

たばこ事業等分科会(平成28年2月1日開催)議事要旨

財政制度等審議会 第34回たばこ事業等分科会

1.日時 平成28年2月1日(月)13:00〜14:45

2.場所 財務省国際会議室(本庁舎4階)

3.出席者(敬称略)

[委員]
川村雄介、桐野高明、細野助博
[臨時委員]
安藤光義、江川雅子、角紀代恵
[専門委員]
宮島香澄
[参考人]
日本たばこ産業株式会社 千々岩 専務執行役員
日本たばこ産業株式会社 小  川 CSR推進部長
[財務省]
岡田財務副大臣、迫田理財局長ほか

4.議題

  • (1)たばこ製造業の地球温暖化対策に係る取組みについて
  • (2)たばこ・塩を巡る最近の諸情勢について
  • (3)喫煙と健康に関する規制の現状等について
  • (4)部会の設置について

5.議事経過

  • (1) 議題(1)について
        たばこ製造業の地球温暖化対策に係る取組みについて、事務局及び日本たばこ産業株式会社より、
      それぞれ説明が行われた。
  • (2) 議題(2)について
        たばこ・塩を巡る最近の諸情勢について、事務局より説明が行われた。
  • (3) 議題(3)について
        喫煙と健康に関する規制の現状等について、事務局より説明が行われた。
  • (4) 議題(4)について
        桐野分科会長から、たばこ事業法第39条第1項の規定により製造たばこに表示すべき文言等の在り方
      に関する専門的な検討を行うため、表示等部会を新たに設置することが提案され承認された。桐野分科
      会長より、表示等部会に属する委員として川村雄介委員、桐野高明委員、細野助博委員、村上政博委員、
      門脇孝臨時委員、宮島香澄専門委員が指名され、表示等部会長として細野助博委員が指名された。
  • (5) 委員からの主な質問・意見は以下のとおり。
  •    ・JTはグローバルで地球温暖化対策の取組みを行っているが、我が国として約束している目標との関係
        をどう整理しているのか。
  •    ・自動販売機におけるたばこの販売減少は、未成年者喫煙防止の観点から導入されたタスポの効果と考
        えるべきか。
  •    ・コンビニエンスストアでは未成年者喫煙防止対策が有効に行われているのか。
  •    ・海外において、たばこパッケージの表示規制を厳格化した結果、争いになっている事例はあるか。
  •    ・パッケージの注意文言は、誰に向けて発信するのかによって見直しの方向性が異なるため、対象者をし
        っかり議論する必要がある。
  •    ・たばこの広告について、販売店としての広告を超えたものが見受けられるが、現行法上問題はないのか。
  •    ・現行のたばこ事業法に基づく広告指針には、見本たばこの配布や後援等成人に限定して行うよう求める
        規定があるが、運用上、どのように相手方が成人であることを確認しているのか。
  •    ・我が国では、たばこ事業法は財務省、未成年者喫煙禁止法は警察庁、健康の観点からのたばこ対策は
        厚生労働省と、各省の所掌が入り組んでいるが、長期的に見てどうあるべきか。

                                                                  (以上)

  (注)本議事要旨は、今後字句等の修正があり得ることを念のため申し添えます。

問い合わせ先

財務省理財局総務課たばこ塩事業室総括係
電話 代表 03(3581)4111 内線2258
財務省の政策
予算・決算
税制
関税制度
国債
財政投融資

国庫

通貨

国有財産

たばこ塩


国際政策
政策金融・金融危機管理
財務総合政策研究所