現在位置 : トップページ > 財務省の基本情報 > 審議会・研究会等 > 財政制度等審議会 > 財政制度等審議会財政制度分科会 > 議事要旨等 > 財政制度分科会(平成23年11月28日開催)議事要旨

財政制度分科会(平成23年11月28日開催)議事要旨

財政制度等審議会 財政制度分科会
〔議事要旨〕

1.日時 平成23年11月28日(月)10:00〜12:00

2.場所 財務省第3特別会議室(本庁舎4階)

3.出席者

(委員)
赤井伸郎、井伊雅子、井堀利宏、碓井光明、田近栄治、田中弥生、土居丈朗、富田俊基、吉川洋

(敬称略)

(財務省)
安住大臣、五十嵐副大臣、藤田副大臣、羽深主計局次長、福田主計局次長 他

4.議題

  • ○ 社会保障分野に係る平成24年度予算編成の課題について

    • 事務局説明
    • −有識者からのヒアリング

    • 森田朗 中央社会保険医療協議会 会長
    • 山崎泰彦 社会保障審議会 介護保険部会長
    • 中川俊男 社団法人日本医師会 副会長
    • 亀田隆明 医療法人鉄蕉会 理事長

5.議事内容

  • ○ 本日の分科会では、社会保障分野に係る平成二十四年度予算編成の課題について、事務局からの説明及び有識者の方々からのヒアリングが行われた。まず事務局から「医療・介護分野の効率化」についての御説明があり、続いて、中央社会保険医療協議会 森田朗会長、社会保障審議会介護保険部会 山崎康彦部会長、社団法人日本医師会 中川俊男副会長、医療法人鉄蕉会 亀田隆明理事長からの御説明があった。

  • ○ 中央社会保険医療協議会森田会長からは、診療報酬改定についての現在の議論の状況の御報告があった。診療報酬の改定に関し、引き上げるべきでないとの支払側委員の意見と、引き上げるべきとの診療側委員の意見の両方が出ていること、財政状況の厳しさと、勤務医・地域医療の問題を踏まえて、メリハリのある形にすべく議論中とのコメントがあった。

  • ○ 続いて、社会保障審議会山崎介護保険部会長から、介護保険部会における現在の議論の状況の御報告があった。同部会では論点に沿って議論を整理するとの役割の下、資料3の10ページにあるような整理を行う方向である、ただし、○となっている項目についても一部に反対があるとの御報告があった。

  • ○ 続いて、社団法人日本医師会中川副会長からの御説明があった。診療報酬改定について、前回の改定の結果、医療費が大規模病院に偏在し、地域医療が危機的状況に瀕していることから、診療所・中小病院に係る診療報酬上の不合理を重点的に是正すべきとの御意見があった。

  • ○ 最後に、地域の病院からの御意見として、医療法人鉄蕉会亀田理事長からの御説明があった。いろいろな病院に何回も行く患者もいるので、受診時定額負担を導入すべきという点、前回改定を受けた、病院における雇用増加等に鑑みると、病院の診療報酬のマイナス改定は避けるべきという点について御意見があった。

  • ○ これらに対する各委員との主なやり取りは次のとおり。

    • (委員)社会保障給付費が国の予算を10兆円も超えているのはいびつ。入院医療費と比べて外来医療費はOECD諸国の中でもかなり多い。家庭医・かかりつけ医といったプライマリーケアのビジョンを描いて効率化を図るべき。
    • (委員)診療報酬を上げれば医師不足、医師の偏在が回復するというのはおかしい。
    • (委員)総報酬割は、協会けんぽの負担が減って公費負担が減るというねらいなのか。
    • (山崎部会長)公費負担の問題ではなく、負担能力に応じた負担をしてもらうことを目的とするもの。
    • (委員)一体改革の成案の下、消費税率引上げを国民に求める中で、開業医の報酬の高さを国民に説明できるのか。
      また、介護について、介護報酬の中でのメリハリをどうつけていくのか。
    • (山崎部会長)地域包括ケアの概念の中で、24時間定期巡回・随時対応サービスを実施するなど、介護サービスの質を高めていくための対応を行っていくことになる。
    • (中川副会長)経営リスクをどう考えるのか。収入について、中小企業の社長とサラリーマンを比較するのはおかしい。医療費の財源については、公費と保険料のバランスの議論、保険料率の公平化の議論から始めるべき。
    • (委員)診療報酬のつけ方と医師等が受けている収入はリンクしていない。そこで、ドクターフィーについてどう考えるか。また、消費税を引き上げて診療報酬の引上げに充てるという考え方についてどう思うか。
    • (中川副会長)医療機関の経営原資の主たるものが広く薄く支払われる診療報酬。従って、ドクターフィーの考え方はなじまない。また、消費税については公費と保険料と窓口負担のバランス。中長期的に引上げは必要と思うが、目的税化されると、不足分は給付を下げるように見えるのが問題。
    • (委員)医療制度の持続可能性を考えるべき。診療報酬は資源の適正配分のためのものなので、産科や外科の供給不足をどう解決するかという視点が重要。医療費の自然増はともかく、それに加えて政策的に医療費を伸ばし、国民負担を増やすということは考えにくい。
    • (委員)持続可能性を論じないといけない今の社会保障を充実すると、将来の社会保障制度が維持できなくなることを考えるべき。
    • (委員)介護のドライビングフォースが市民のボランティア活動も含めて高齢化社会を支えようという議論があったが、実際には介護報酬だけでボランティアが活用されていないのではないか。
    • (山崎部会長)制度の趣旨は、ボランティアも活用しながらやっていこうといったもの。地域の力も活用しながらやっていくべき。
    • (委員)総報酬割では被扶養者が負担なしでサービスを受けられるようになるという問題があるのではないか。
    • (山崎部会長)介護の総報酬割も、医療保険の総報酬割と同じ考え方に則って導入しようとするもの。
  • ○ また、本日の分科会では、財政制度分科会の部会である法制・公会計部会について、委員・臨時委員の追加等を行うこととされた。

(以 上)

財務省の政策
予算・決算
税制
関税制度
国債
財政投融資

国庫

通貨

国有財産

たばこ塩


国際政策
政策金融・金融危機管理
財務総合政策研究所