現在位置 : トップページ > 財務省について > 審議会・研究会等 > 関税・外国為替等審議会 > 関税・外国為替等審議会関税分科会 > 答申・報告等 > 平成27年度における関税率及び関税制度の改正についての答申(平成26年12月30日)

平成27年度における関税率及び関税制度の改正についての答申(平成26年12月30日)


平成26年12月30日

財務大臣 麻生太郎 殿

関税・外国為替等審議会会長

伊藤隆敏

答  申  書

平成25年6月13日付財関第617号をもって諮問のあった関税率及び関税制度の改正について、本審議会の意見を下記のとおり答申する。

平成27年度における関税率及び関税制度の改正について、別紙のとおり行うことが適当である。

[ PDF版(100kb) ]



[ 答申の概要 ]

財務省の政策
予算・決算
税制
関税制度
国債
財政投融資

国庫

通貨

国有財産

たばこ塩


国際政策
政策金融・金融危機管理
財務総合政策研究所